◆Liberamente◆リベラメンテ

アクセスカウンタ

zoom RSS 父と息子の映画 2本

<<   作成日時 : 2008/08/18 22:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

この夏の父と息子の映画といえば、もちろん堺雅人さんの『ジャージの二人』が真っ先に上がると思います。先日、ようやくこのジャージの二人を見てきました。これより前に見たのが「たみおのしあわせ」。監督は岩松了さん。ドラマ・のだめカンタービレの最終回、のだめちゃんのお父さん、辰夫を演じていた、心やさしい雰囲気のお人。この人がいったいどんな映画を作るのか、最初聞いたときからすごく今興味がありました。

たみおはオダギリジョーさん。普段眼光鋭いオダギリさんのちょっとまぬけでおちゃめなのがよかった!結婚相手がようやく見つかって、父(原田芳雄さん)とよかったよかったと生活にようやく安堵を得るのですが・・・。

父の恋や天井裏にこっそり居ついていた親戚(小林薫さん)が絡んできて・・・。

日にちとその日の天気がサブタイトル風に出てきて、話の展開もなんとなくそれにつられていくのです。父の恋人と天井裏の親戚が恋人同士になっていたことに気づいてしまったたみおは男女のあり方に疑問と大きな不安を抱いてしまいます。せっかくの結婚なのに、お式当日、なんと父と手に手を取り合って逃げてしまうのです。

え?映画「卒業」(だっけ)?? 親父が新郎連れて逃げたぞ!

なんでだー!と岩松監督の頭の中はややこしかった。たみおのしあわせって本当に父と一緒に暮らしていくことなのかなぁとぼんやり考えてしまいました。答えは・・・出ない。

たみおの婚約者役の麻生久美子さんとたみおが河原をサイクリングするのですが、そのシーンがすがすがしくてよよかったです。


で、ジャージの二人。
父・鮎川誠さん、実年齢60歳!ウッソー?!この父は3度目の結婚が破綻しかけていて、ちょっと傷心の様子。
息子・堺雅人さん、妻がほかの男と恋していて、こちらもかなり傷心を背負っていて。

二人で山荘に来て、日常の喧騒から解放されて、やさしく時間が流れていく感じでした。ハプニングらしいハプニングはなし。お買物の帰りに息子@堺さんが山荘への道に迷って転んでトマトがだぁーと崖下に転がっていってしまったところは、なんか切なかったな。

ジャージに施された学校の名前。これも大きなキーになっていて、ジャージの二人と近隣住民・遠山さんとのちぐはぐなやりとりにクスっ。

この映画は、女が実に現実的で、ストレートな印象。対して男は古着のジャージになんだか思いを巡らせたり、ちょっと陰気くさいんだけど、ロマンチストな感じがしました。

鮎川さんがばーんとジャージに着替える姿がかっこよかった。普段は人前ではあまりサングラスを取らない人なんじゃないかなと思いながら見ていたのですが、床でのシーンでやさしそうな素顔が見えました。とつとつと語る鮎川さん、素敵でした。あんなパパならいいなぁ。
息子殿はありゃ素の堺さんの生活に近そうな雰囲気。多くを語るでもなく、淡々と時を過ごしていく息子。父と枕を並べて話すシーンで、外光が堺さんの顔に何とも美しい陰影を作っていて、それがこの「息子」のすごーくナイーブな心をあらわしていた感じです。

余談ですが、向こう側を向いて寝ていた堺さんのシーンに、
「あ、家定の背中だ。」
と篤姫で家定が『疲れた。寝る』と背を向けてしまったときと同じ背中、してました。映画ではその背をやさしく見つめていたのは、あっちゃんではなく、父ちゃんだったんだけどね。

ファミコンやる父ちゃん、よかったです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
mini review 08322「ジャージのふたり」★★★★★☆☆☆☆☆
芥川賞・大江健三郎賞受賞作家、長嶋有の同名小説を、『チーム・バチスタの栄光』の中村義洋監督が映画化した脱力系ストーリー。互いに私生活に問題を抱え、どこかヘンテコな父と息子が繰り広げる山荘でのスローライフを描く。ジャージ姿で夏休みをのんびりと過ごす親子を、『アフタースクール』の堺雅人と、人気ロックバンド“シーナ&ロケッツ”の鮎川誠が好演。浮世離れした生活の中で交わされる軽妙な会話の数々が笑いを誘う。[もっと詳しく] ...続きを見る
サーカスな日々
2008/08/26 15:26

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
父と息子の映画 2本  ◆Liberamente◆リベラメンテ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる